Now Loading...

Now Loading...

学校法人阪和学園錦秀会看護専門学校

ブログ

仲間がいるから強くなれる

「看護の心をはぐくむ日」(戴帽式)が行われました

10月1日(火)、看護第1学科・准看護学科合同で「看護の心をはぐくむ日」が行われました。
たくさんの保護者の方やご来賓の方に見守られながら、看護第1学科と准看護学科の1年生が
ナイチンゲールがともした灯を受け継ぎ、看護職を目指す決意を新たにしました。

 

古賀学校長より式辞をいただきました。

“本年度、准看護学科ならびに看護第一学科に入学された一年生の皆さん、
本日は晴れて夫々見事な宣誓を果すことができ、おめでとうございます。

そして講師の先生方、ご家族、関係各位の皆様にはお忙しい中、
お時間を割いて臨席賜り、誠に有難うございます。まずは篤く御礼申し上げます。

さて連綿と続いて参りましたこの宣誓式ですが、
たとえ呼び名は戴帽式から変わりましても目指す誓いの気持ちに変わりはありません。

看護の心をはぐくむ誓いを果たすことは、けじめです。
あとは本日灯した灯をご自身が消さないよう、絶やさないよう如何に頑張るかが皆さんの今後の務めです。

奇しくも皆さんは本日ここに「終わりの無い看護の道」の始まりを宣誓した訳です。
いよいよ臨床実習も始まりますし、得手・不得手な場面や苦手な指導者にも遭遇することでしょう。
しかし患者さんに直接触れ合い、新たな生き甲斐を発見することも必ずある筈です。
そんなとき想い出して下さい。今日のこの日に誓った「やさしく命を守る」宣誓の事、
そして今年から新たに正面玄関ホールに登場した戴帽式の大きな絵画です。

昨年のこの時期まではまだ飾られておりませんでした。
皆さんの心の支えになるよう感動と感激を込めて描いて頂きました。
本日いま一度ご覧になってお帰り下さい。

またきっと篤くなると思います。
「人生、たとえ宣誓通りに行かなくとも、やった通りにはなるものだよ」と、
校長が云っていた事もついでに思い出して下さると幸いです。

最後に今一度申し上げます。
思いやりの灯・思いやりの「ともしび」だけは決して絶やさないで下さい。
簡単ですが私からの式辞と致します。

おめでとうございました。”

令和元年10月1日

学校法人阪和学園 錦秀会看護専門学校
学校長 古賀 義久

2019年10月10日

入学をご検討中の方へQ&A

Access

〒586-0077
大阪府河内長野市南花台4丁目24番1号

TEL: 0721-21-9015

FAX: 0721-21-9016

資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP