Now Loading...

Now Loading...

学校法人阪和学園錦秀会看護専門学校

努力して身につけたスキルは
自分への信頼となる

在校生からのメッセージMessage

看護専門課程 1年  岡本 彩那

「看護を学ぼうとしたきっかけ」
学院に入学して年齢層に幅がある中で、それぞれの人達の考え方の違いや価値観があり、知識量であったり経験してきた事柄の多さの中で皆が同じ看護師になるという目標に向かって一からのスタートを切り、お互いが切磋琢磨して看護について学ぶ中、その意見を尊重し、協力し合うことで新しい知識を得たり、自分にはなかったその人らしい看護の考え方を学ぶことが出来た。
クラスメートとの関係の中で看護への思いの視野が広がっていくと感じている。学院では基礎看護を学び、実習では教科書にはない患者さんの個別性を考え、今その人にとって必要な援助とは何かと自分で考えていく力、それを実施する技術、知識、態度を学ぶことが出来ている。
私は実習でその人に必要な援助、その方法を考えることの楽しさを学んで、進学の道を考えて更に学業に励みたい。​

看護専門課程 3年  上野 藍

私は、妊娠・出産を経験した時に、身体的・精神的な負担を軽減して下さった助産師の方に憧れて、看護の道を目指しました。
本校では、学生生活を送りながら准看護師として働くことができるため、知識や技術の定着を日々実感することができます。
様々な年齢や経験をもった仲間と共に学ぶことで、自分にはない考えや価値観に触れ、視野が広がり学習意欲が高まります。
これからも学習を積み重ね、看護師国家試験の合格を目指して頑張ります。​

看護専門課程 1年  松下 麻子

学院の授業では、講師・先生方に恵まれて楽しく授業を受けています。学内実習においては、教師のデモンストレー ションを身についけています。また、自己管理ができるように身だしなみ、言葉遣い・時間には厳しく指導を受けて、心温かな看護が提供できる看護師を目指しています。​

看護高等課程 2年  木下 万夕

私が看護師を目指したきっかけは、母が看護師で幼い時からその姿を見て育ちました。子どもの私からても大変そうでしたが、その生きがいを持って働く姿は素敵で、「私も将来この仕事に就きたい」と思うようになりました。今、私は看護師を目指し学校と仕事の両立をしています。仕事で患者さんのケアを行ったり学校では専門的な知識・技術を学んでいます。看護師の仕事は人の命にかかわる責任の重い職業だと改めて思います。今まで経験はないですが、未熟な私でも何か患者さんの役に立てればいいなと思っています。​

入学をご検討中の方へQ&A

Access

〒586-0077
大阪府河内長野市南花台4丁目24番1号

TEL: 0721-21-9015

FAX: 0721-21-9016

資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP