Now Loading...

Now Loading...

学校法人阪和学園錦秀会看護専門学校

夢に向かって進め

教員からのメッセージMessage

錦秀会看護専門学校の教員は設立後数十年に亘り看護師・准看護師を熱心な指導で約4000人もの人材を医療業界に送り出したベテランぞろいです。
毎年看護師国家試験では95%以上もの合格率を誇る実績を持っています。
国家試験・資格試験の合格については綿密なスケジュールを持って、各試験対策を徹底的に分析の上ポイントを集中指導致しております。

副学校長  山田 直子

本校の看護教育は40年前の医療法人阪和病院附属高等看護学院・准看護学院に始まり、様々な変遷を経て2017年4月に河内長野市南花台に拠点を移し看護専門課程と看護高等課程を要する学校法人阪和学園錦秀会看護専門学校に改編しました。
この伝統ある看護教育を継承しつつ、現代の社会や学生の状況に合わせて挑戦的に改革を推進し、教育の質の保証・向上を常に目指していきます。
また本校は、医療法人錦秀会の医療福祉施設と連携し充実した臨地実習が可能です。更に河内長野市とも連携し地域活動に参加することで地域の活性化に貢献します。このような恵まれた学習環境の中で専門となる看護の学修、臨地実習経験に裏付けされた看護実践能力の育成、生命の尊厳と人権の尊重を基盤とした倫理観と的確な問題解決能力を身につけ、チーム医療を支えることのできる看護職者の育成を目指しています。
看護職者として、専門的知識や技術はもとより、コミュニケーション能力や自ら考え問題解決する能力や行動力など社会人としての基礎的能力を育成するようにしています。そのため学内では、病棟や在宅療養を想定した設備や最新の医療機器を備え、実際の病院などの環境と変わらない学習環境を備え、学生が質の高い学習をできるよう支援しています。

看護専門課程 看護第1学科(3年課程全日制) 学科長  中田 恵美

看護第1学科は、今年度4月から開設され1期生を迎えました。本学科の教育の特微は、講義と看護技術の演習を並行してすすめていくところにあります。
演習では患者さまをイメージできるよう具体的な状況を設定した中で、技術の基本が習得できるよう工夫しています。
さらに、看護で大切なことは知識や技術だけでなく、患者さんの気持ちを理解できる心です。そこで本校では、人を思いやる気持ちを育てたいと思います。 また行事を通して他の学年、他の学科の学生と交流を深める機会を設け、基本的態度の修得を徹底し、様々な価値観を持つ人々とよい関係性を持てるようにしています。
皆さん、この自然豊かな河内長野で私たらとともに学びましょう。

看護専門課程 看護第1学科(3年課程全日制) 副学科長(実習調整者)  永井 芳子

看護の対象は「人」です。その人の看護を行いながら自ら成長できる尊い職業です。
素敵な環境の中で、人間として大きく成長して下さい。その中で私たちと一緒に看護する喜びを感じ、看護する魅力を見つけていきませんか。看護するみなさんを全力でサポートしていきます。

看護専門課程 看護第1学科(3年課程全日制) 副学科長(学年調整者)  金丸 宏枝

これから看護のプロフェッショナルと成るべく成長していく皆さんの姿を近くで見れることを嬉しく思います。
看護師として必要不可欠である専門的知識・技術など学んでいただくことは沢山あります。
こういった看護能力を育むことはもちろんですが、患者さんだけでなく、常日頃から看護師として人を想い、人に寄り添い、人の幸せを考える、ナイチンゲールの精神を磨いていただければと思います。
ここから、看護のプロフェッショナルをめざして、現代のナインチンゲールとして旅立つ皆さんを送りだせる日を楽しみにしています。

看護専門課程 看護第2学科(2年課程定時制) 学科長  松岡 恵子

看護は、あらゆる場面で「いのち」と向き合う職業です。看護師として「いのち」を尊び、相手の心に寄り添うために専門知識や技術を学ぶ必要があります。
これからの学生生活における人との出会いや学びの積み重ねは、看護師としての大きな礎になります。そのためにわが校は、学生の主体性を大切にしながら、きめ細かな指導ができる教育体制をとっています。特に臨地実習においては、附属である病院や施設と密に連携しながら一人一人の学生に応じた指導体制を整えています。 自然に恵まれた環境の中で、一緒に看護を学び、看護の礎を築いていきましょう。

看護専門課程 看護第2学科(2年課程定時制) 副学科長(実習調整者)  田中 奈絵子

臨地実習は、「看護」を実践しながら「看護」を学ぶことができる貴重な機会です。看護実践能力の他に対象への感謝と思いやり、そして礼節も欠かせませんね。実習では、そのような能力と心を養いながら、ひとりの人間として豊かに成長していってください。
「看護って何だろう」「どうしたら自分とは異なる状況にある人を理解できるだろうか」など、一生懸命悩んだり考えたりしている学生の皆さんは、とても生き生きとして美しいですね。私も皆さんと一緒に悩み、考え、実習や学校生活で共に倦まず弛まず研鑽を積んでいきたいと思います。

看護専門課程 看護第2学科(2年課程定時制) 副学科長(学年調整者)  神藤 めぐみ

第2看護学科では、准看護師として働きながら「看護」を学んでいます。准看護学校で 学んだ基礎知識をさらに深めて学習していきます。確かな知識・技術は患者さんを安全・ 安楽に援助するためには必要不可欠なものです。 看護を学ぶことは簡単なことではありませんが、同じ目標に向かう仲間と一緒だからこそ頑張れます。また、本校は自然に囲まれ、四季を感じながら落ち着いた環境で学ぶこと ができます。私たちと-・緒に 「看護」を学んでいきましょう。

看護高等課程 准看護学科(准看護師課程) 学科長  中川 真希

世の中に職業は様々ありますが、それらの中から、夢とやりがいに満ちた看護の扉を開いてくれた事に、看護の道を歩む者として大変嬉しく思います。
「看護」は「手」・「目」・「言葉」を使って、傍に寄り添い「見護る」という意味が込められています。病める人々の日常生活を支える専門職業人としての知識・技術・態度を身につけ、「あなたでよかった」といってもらえるような准看護師の育成に「専心」の心を持って、学生に関わっています。
みなさんと、一緒に「看護のこころ」を育むことを楽しみにしています。

看護高等課程 准看護学科(准看護師課程) 副学科長(実習調整者)  松村 薫

看護師を目指すためには、学校での基礎科目や専門科目を履修するだけではなく、実際に臨地で学習する臨地実習を履修しなければなりません。医療施設の組織や機能を実際に見聞きし、患者や家族との関係性の構築と、看護師という専門職に必要な考え方や技術の実践を体得します。
日々の臨地実習は辛さを感じることもあるでしょうが、自分の表現した看護が花開いた瞬間はそれ以上に喜びや達成感が得られることでしょう。その日のために、教員一同であなたを応援していきます。

看護高等課程 准看護学科(准看護師課程) 副学科長(学年調整者)  渕上 佳子

本校では「やさしく生命をまもる」の法人の理念の下、地域の皆様と共に歩みながら、確かな知識と基礎看護技術と豊かな感性をもち、社会に貢献できる准看護師として成長できるように支援しています。
「看護を学びたい」その気持ちを大切にしながら学業や学生生活をサポートしています。
自然豊かな環境で私達と一緒に看護を学びましょう。

入学をご検討中の方へQ&A

Access

〒586-0077
大阪府河内長野市南花台4丁目24番1号

TEL: 0721-21-9015

FAX: 0721-21-9016

資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP